ビズパーク
ブログ

12.07.09
✿2012ジャパンカップ✿ に挑戦!!

6月30日(土)/7月1日(日)
先日もお伝えしました、国内最大級の花の祭典
「フラワードリーム2012in東京ビックサイト」が開催されました。

親子で参加するフラワーデザイン教室など
各種イベントが行われる中

やはり
1番のみどころは≪ジャパンカップ2012≫

全国の選考会を通過した89名のフローリストが
日本一をかけ、競います。


弊社からの出場者、業務部 長田太地は
展示競技/ステージ上での公開競技を経て、
上位10名による最終選考‘ザ・ファイナル’に進出しました。

そして、結果は
3位!!
東京都知事賞・JFTD会長賞を受賞しました。

惜しくも優勝は逃しましたが、
大健闘の“日本3位”です。


当日、会場には展示競技のための全89の作品がいっぱいに並び
一般公開と同時に、たくさんの来場者で賑わっていました。

公開実技競技は、
経験豊富なフローリストでも
普段の仕事とは全く違う緊張感があると言います。


今回、長田は
初めてジャパンカップに
作品を出品しました。

nagata02.jpg

作品のイメージに合う
色・形・開花状況のものを選別するため
直接、農家へ出向き
メイン花材となる蓮を買い付けました。

就業後、夜通し作品づくりに
勤しむ事もありました。

社内選考会、予選を含め、約4ヵ月間
彼の頑張る姿に、
応援に行ったスタッフだけでなく
皆、胸を熱くさせられました。

大会終了後、本人は
「日に日に、悔しさが込み上げてきます。
 サプライズ形式の公開競技も経験をし、後は腕一本。
 来年は優勝目指して、頑張りたいです。」とつづく挑戦への意欲を語っていました。


また、その傍ら
同時開催されていた
≪プリザーブドフラワーコンテスト≫にて
弊社 商品企画製作部 田代剛がJFTD賞を受賞しました。

nagata01.jpg

特殊加工により、
生花の風合いを持ち、長期間咲き続ける
‘プリザーブドフラワー’の作品づくりには
また、生花とは異なる技術が必要とされます。


時代とともに、変化する表現のかたち。
「お客様の想いをかたちにするために、自分達には何ができるだろう」
私たちは、物づくりの原点となる想いを胸に
新たな挑戦の機会を求め、成長し続けたいと思います。

このページのTOPへ

Copyright © 2009 ユー花園 All Rights Reserved.